筋肉痛の治し方

筋肉痛の治し方、予防対策、原因など筋肉痛の情報を教えます。 筋肉痛はどうしておきるの?運動の後にやってくる筋肉痛について紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

筋肉痛の予防:運動前の準備運動

筋肉痛の予防として一番有効なのが運動前の準備運動です。
適度なストレッチが大事になります。
準備運動は体全体の筋肉をほぐせますし、怪我の予防にもなります。



本番の運動前に軽くジョギングすると身体が適度に温まり、血流の流れが良くなり血液が体内を循環するので、体が目覚めて筋肉が運動の準備状態に入ります。

また動かせる腕や肩、足関節はグルグル回しておくと良いでしょう。

身体が温まったらストレッチです。
これからする運動でよく使う部分の筋肉を、痛くない部分まで伸ばしストレッチします。
筋肉を伸ばすことで、関節の可動範囲を伸ばすことができます。

ストレッチのコツは、痛くない程度にゆっくり筋肉を伸ばしてあげること。決して反動を付けてストレッチしてはいけません。

ストレッチ時の呼吸法は”スーッ”とゆっくり息を吐くことに意識すると上手にストレッチができます。決してストレッチ中に息を止めてはいけません。


いよいよ本番の運動に入ります。
いきなり全力で動いたりしませんよね。徐々に強く動いて行くように気をつけましょう。

サッカー選手の試合で、待機している選手がいつ自分が呼ばれてもいいようにコートの外でずっと準備運動をして体を温めています。

このようにしっかり筋肉痛の予防をしていれば、筋肉痛で痛みが起きても軽い筋肉痛程度で済みます。


ついつい運動して筋肉をいっぱい動かしたい!と思ってしまいますが、
過度の筋肉痛にならないように徐々に筋肉に負荷をかける様にしていきましょう。

筋肉痛の予防には運動後にもストレッチを忘れないで!
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。