筋肉痛の治し方

筋肉痛の治し方、予防対策、原因など筋肉痛の情報を教えます。 筋肉痛はどうしておきるの?運動の後にやってくる筋肉痛について紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

筋肉痛の種類

筋肉痛の原因は大きくわけて2種類あります。


まず一つめは運動により筋肉の収縮が起こり乳酸(疲労物質)が筋肉中に蓄積することによって起こる筋肉痛です。


もう一つが普段から運動をしてないのに急に筋肉を使うことによって筋繊維が損傷して起こる筋肉痛です。この炎症で筋肉痛の元になる痛みを生じます。


まずはこの二種類の筋肉痛を覚えておいてくださいネ。


筋肉痛を和らげる商品一覧はこちら


筋繊維が損傷して起こる筋肉痛は余程の激しい運動か、強い力を振り絞ったり、長時間の運動でないとならない筋肉痛です。

筋力トレーニングで重い重量などを扱ったりすると、すぐに筋細胞が破壊されます。
負荷がかかり筋繊維が損傷して傷ついた細胞は筋肉痛が激しいでしょう。

筋肉痛の治し方は傷ついた筋繊維の修復に必要な十分な栄養を、食事やサプリメントなどで補ってあげると筋肉痛が治りやすくなります。そして筋繊維は損傷を受ける前よりも強度が強くなって復活するのです。

これを繰り返すと、強靭な筋肉の鎧ができ、鍛え上げられた逞しい肉体を作り上げる事ができるのです。ボディービルダーなどが良い例ではないでしょうか。


またスポーツアスリートの選手ですごい筋肉を持っている人は、必ずと言ってよいほどこの強い負荷で筋繊維を損傷して回復してより強い筋肉に鍛え、また今まで以上の負荷で筋繊維を損傷して回復というサイクルを踏んでいるのです。



その中には筋肉痛とどのように賢く付き合っていくのか、多くの経験が培われていることでしょう。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。