筋肉痛の治し方

筋肉痛の治し方、予防対策、原因など筋肉痛の情報を教えます。 筋肉痛はどうしておきるの?運動の後にやってくる筋肉痛について紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

筋肉痛と付き合う

運動をするにあたって運動後にくる筋肉痛はついてくるものです。



普段から運動していない人は「筋肉痛で全身が痛くなるから運動はしない」なんて思って
いるのではないでしょうか?

筋肉痛は確かに痛いです。
辛いですが、そこでやはり普段の運動不足を認識してこの筋肉痛と向き合って行く必要があります。

プロのスポーツ選手にだって筋肉痛はあります。
ですがスポーツ選手は、筋肉痛と上手くつきあっているのです。
筋肉痛を治す為にも休養を取るときにはちゃんと休養し、栄養摂取も忘れません。

自分の体のことは自分がよく知っているんですね。自分の体をケアすることもプロなのです。


しかしプロのスポーツ選手ではない一般の人でも、自分の体のケアはとても重要なことです。
身体のケアを疎かにしていると、生活習慣病や糖尿病などがこの先あなたを待っているかもしれません。

そこで運動不足で筋肉痛になりやすい人も、上手に筋肉痛と付き合っていける運動量から始める事を心掛けてください。


何事にも心に火が付くと熱く燃えやすく、そして燃え尽きるのも早い性格の人は要注意です。


まずは自分の体力をしっかりと把握してください。
そして自分に合った運動量で、
気長にゆっくりと少しずつ運動を増やして行く。

すると痛い筋肉痛に酷く悩まされることなく
運動を長く続けていける事ができるでしょう。


いきなり頑張って激しい負荷を体にかけて、
激しい筋肉痛に苦しみ結局1日坊主で終わってしまったなんて事にならないように。

初めはグッと耐える事が、後々に筋肉痛と賢く付き合う秘訣ではないでしょうか。

スポンサーサイト

PageTop

筋肉痛にBCAA分岐鎖アミノ酸

私たちの体は激しい運動や長時間のランニングなどをすることによって、足りなくなったエネルギー源を補うために筋肉中のたんぱく質を分解し、アミノ酸のBCAAを消費しはじめます。

このBCAAとは分岐鎖アミノ酸のことでロイシン、イソロイシン、バリンという3つのアミノ酸を指します。



BCAAは、筋たんぱく質に含まれる必須アミノ酸の約35%を占めています。

筋肉細胞を分解してエネルギー源として使用させないようにサプリメントのBCAAで外から補ってあげるといいのです。
スポーツの前や途中にBCAAをタイミングよく補給してあげれば、筋肉の損傷を少なく抑え、筋力の低下を抑えることができます。


BCAAは胃の中で分解する必要がありません。
BCAAはすでに分解された一番小さい形のアミノ酸です。
なのでBCAAは水などで一緒に飲むとすぐに腸から吸収され、血液を通じすばやくエネルギーを身体に補給してくれます。

運動中にBCAAを補給すれば、筋肉組織の原料が豊富になり、筋力アップに効果をもたらすことになるのです。


また、たくさん補給されたBCAAは運動エネルギーとして利用されますから、
エネルギー源に余裕ができ、スタミナを長時間維持することもできます。

さらにスポーツの直後や睡眠前にBCAAを補給した場合、傷んだ筋肉をすばやく回復し、
筋肉痛などを防ぐ効果が期待できるのです。

BCAAは筋肉痛の治し方にも大きく貢献してくれる優れたサプリメントの中の一つです。

PageTop

筋肉痛の乳酸をクエン酸で撃退

運動などの強い負荷が筋肉にかかり筋肉の収縮が起きたときに、筋肉中に乳酸(疲労物質)が蓄積することによって起こるのが筋肉痛の正体でした。

乳酸が溜まると筋肉痛になりやすい。
この筋肉痛の原因の乳酸を筋肉中に溜めないようにする働きを持つ成分が、筋肉痛のお助けマンがクエン酸なのです。



クエン酸を多く含む食品には、レモンや梅干しなどがあります。
酸っぱい食べ物に基本的に多いのですが、意外にもバナナやいちごもクエン酸を含んでいるんですよ。

もっと手軽にクエン酸を摂取したいなら、
100%果汁のグレープフルーツジュースやオレンジジュースがお勧めです。
コップ1杯に約2gのクエン酸が含まれているようです。
ジュースなら簡単に美味しくクエン酸を体内に取り込めます。


更にクエン酸をサプリメントで摂取するともっと手軽ですね^^

もちろん普段の食生活でクエン酸摂取を心掛けるのが一番大切です!
だからと言ってクエン酸を含むものばかりでは駄目ですよ。

胃の中でクエン酸の酸味が強くなってしまうと胃が荒れる原因になるので、
ご紹介したビタミンB群と一緒にバランスよく摂取してくださいね。
クエン酸の取り過ぎに注意です。


もう一点、クエン酸で注意点があります。
クエン酸は身体に吸収されないで尿と一緒に外に出てしまう性質があります。

筋肉痛の予防や筋肉痛の治し方の為には、一度にたくさんのクエン酸を摂取するよりも、
クエン酸を一日数回に分けて少量ずつ体に取り入れる方法が乳酸の除去に効果があります。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。